三浦技研 MC501アイアン

mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501
mg_mc501

三浦技研 MC501アイアン

(mg_mc501)
  • Hot
  • Coupon
ヘッド数量
ヘッド番手選択(同じ数量の番手を選択)iron1
フェルール選択 iron1
ソール形状(オプション)iron
ロフト角変更(オプション)iron
仕上げ塗装変更(オプション)iron
刻印カラー(オプション)iron
ネーム刻印(オプション)英数字2文字まで、なしの場合記入不要
シャフト選択 iron1
シャフト詳細情報記入(銘柄、Flex、その他)
シャフトスパイン調整(有の場合印刷の向きをそろえることはできません)iron1
シャフトレングス(#7で標準37inch±2/8)
グリップ情報記入(銘柄、バックライン有無、その他)
身長(cm)ライ角を決めるのに必要
直立したときの床から左手首までの長さ(cm)ライ角を決めるのに必要
在庫状態 : 受注商品
¥54,000(税別)
数量

「カートへ入れる」ボタンを押して、合計金額を確認してください。
(後で、削除できます)

  • 商品詳細
  • レビュー( 0 )
0

マッスルキャビティ(MC)という冠を持ったMC-501は、MB-5005の譜系を受け継ぎながらさらに性能が進化。
バックフェーススリットなどから約21gの重量を捻出、それらをソール部分に集中配置しました。
しっかりとした心地よいインパクトフィールを持たせながら、キャビティバックのようなやさしさを併せ持つ、上級者がアイアンに求める性能を高次元で両立させたバランスの取れたアイアンヘッドです。

1:約21gの重量をソール部分に集中配置

バックフェースにスリットを設けることにより、約21gの重量を捻出、それらをソール部分に集中的に配置することで、低・深重心を実現しました。インパクトポイントの後方にしっかりと肉厚な設計にし、マッスルらしいしっかりとした厚みのある打感を持たせながら、インパクトエリアの拡大を計りました。

2:マッスル史上最大のソール幅でやさしく簡単に

ソール厚はバックフェーススリットの重量配分設計により、弊社マッスルバックシリーズの中で最大の幅(#7ヘッドセンター部分:18.9mm)を達成。ミスヒットに寛容なやさしさとヘッドの操作性が格段にアップしました。上級者が求めるヘッドコントロール性能の高いヘッドです。

3:ボールを包み込む形状で安心感のあるアドレスを

アドレス時のヘッド輪郭やヒールの懐の見え方にもこだわりました。ボールを包み込むような安心感のある形状で、イメージする球筋を想像しやすいニュートラルで癖のないヘッドです。

#3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 Pw
ロフト 22 24 27 30 34 38 42 46
ライ角 59 59.5 60 60.5 61 61.5 62 62.5
重量 244 250 257 264 271 278 286 294
F.P 1.5 2.0 2.4 3.0 3.4 3.8 3.9 4.0
バンス 1 2 3 4 5.5 6.5 8 9
Japan
軟鉄(S25C) 精密鍛造W.D.D Accurate Forged
ダブルニッケルクロムディープサテン仕上げ

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインページ

お客様のレビューをお待ちしています。